ゼファリンが嘘って?ゼファリン実態調査部

テストステロンが増えるとどうなる?

ジム
テストステロンは男性ホルモンのひとつで、精巣から分泌されます。

 

男らしさに欠かせないホルモンなので、モテホルモンとも言われますが、残念ながら20代がピークで、30代からは分泌量が減ってしまうのです。

 

しかし分泌量にも個人差があって、例えば体を良く動かすアスリートは他の人よりも分泌量が多いと言われています。

 

スポーツ選手や体育会系や夜が強い・精力が強いといわれるのは、それが理由のひとつかもしれませんね。

 

 

このテストステロンが減少してしまうと、体や体力の衰えだけでなく、精神面にも弱くなったり、精力や精巣機能も衰えます。

 

精巣機能が衰えるということは、精子にも関係してくると言うことです。

 

ということは?
単純に考えれば、テストステロンが増えると逆のことが言えるのです。

 

 

このテストステロンの分泌量は日頃の生活で変わります。

 

睡眠・食事・運動と人間の生活の基本。
それから関係するので、規則正しい生活とストレス解消を心がけましょう。

 

 

遊びも仕事もデキる男
オンとオフがある男
プライベートとビジネスを分ける男

 

‥など。

きちんとできる男は、テストステロンの分泌量も多いと言うことです。

 

また女性に興味を持つことでも、分泌量は増えると言われています。

 

草食系と肉食系。
たしかに、肉食系の方がテストステロンの分泌量が多そうですよね?

 

ただデメリットとして暴力をふるったり、気が短くなるような話もあるので、そうなった時には、パートナーにではなく、スポーツなど別のもので発散しましょう。

 

中高年になってきて、年のせいにしたくなる・・・

 

たしかに、分泌量が減るので間違っていないかもしれませんが、さっき言ったように『個人差』があるのです。

 

そのため日々の生活をきちんとしていれば、同じ年齢でも差がでるのです。

 

 

「テストステロンって薄毛やハゲになってしまうんじゃないの?」なんて思う人もいるかもしれませんが、薬ならまだしもサプリメントや体質改善ではそこまで影響を与えません。

 

不安な方も安心してくださいね。